恋愛しづらくなる

しかし、いまは子どものいない女性も多く、その本能的愛情がペットに向かっているのだと思います。そこで問題が生じます。女性がもつ本能的な愛情は、本来ならば自分の子どもや男性に向けられるもの。それがペットに向けられることで、脳が満足してしまうということが起きてしまうのです。当然男性には目がいかなくなります。また、さびしさや孤独感も感じなくなるので、ヒトの脳が求める「群れて生きたい」と いう欲求が満たされてしまうのです。つまり、「|緒に生きたい」という、男性を求める行動を起こさなくなるのです。脳は、周りの環境が自分にとってある程度ストレスフルな状態にならないと活発に働かない、という特徴をもった臓器です。周囲の環境が快適であればあるほど、脳は活動量を減らし、その結果、行動力の低下を生じさせるのです。だからペットという心のよりどころを手に入れてしまうと、あえて男性を求めなくとも、快適な環境にいると脳が判断してしまい、男性に対する感情が減退したり、異性を誘うなどの行動力が落ちてきて、恋愛しづらくなるのです。ただし、熱帯魚ぐらいなら問題ありませんが、飼い主からの呼びかけに積極的に反応するような犬や猫、サルなどは、その傾向が強まるので要注意。とくに、いま、気になる異性がいない人や周りの男性に興味がもてない人は、ペットを飼うことは控えておいたほうが無難でしょう。 必愛し合っている者同士、ただそばにいるだけで、言葉など交わさなくても、見つめ合っているだけで、幸せな気分で胸がいつぱいになる。

参考:恋活 アプリ おすすめ

芸能人に恋

「好き」な気持ちは快感につながります。つまり、脳が快感でありつづけたいがために、ドーパミンが分泌をやめないのです。繰り返しますが、追っかけをしている人の頭の中もこれと同じ。「追っかけ」という行為は、脳の中に「恋愛している状態」をつくり出しています。「恋している状態」はホルモンや神経伝達物質の分泌を盛んにします。そのため、心と身体にはストレスがなくなり、体調も良くなったり、と良い影響ばかり。 さらに、若さの維持にもつながるのです。エストロゲンの分泌が少なくなる中高年の女性にとって、ョン様の追っかけは、若さを取り戻す特効薬でもあったわけです。「身近に気になる人もいないわ.」という人、恋を再開するウオーミング・アップに、芸能人に恋してもいいのではないでしょうか?ブームといえば、現在は空前のペットブームでもありますよね。アパートやマンションでのひとり暮らしの女性でも犬や猫などを飼っている人が多くなりました。しかし、本気で恋がしたいのなら、ペットを飼うのはちょっと待ってください。恋摺甥則掛急み職溌詩山I 女性には自分より小さいものを守ろう、かわいがろうという本能があります。ひと昔、いや、ふた昔前までは、ほとんどの女性はいわゆる適齢期がくると結婚をして、子どもを産んで、というのが当たり前の時代でした。そのため、小さくか弱い者を守ろうという女性のもつ本能のもっていき場所は自分の子どもで間に合っていたのです。

出典:

恋愛できる動物

しかし、彼女たちの多くは長年連れ添った旦那さんもいて、子どももいる。話してみると、いたってふつう。ョン様の魅力を聞くと、「笑顔」「ファミリーを大切にする誠実なところがいい」と言います。その顔はまるで恋する乙女。幸せ物質・セロトニンが出まくり、ドーパミンのおかげで目がキラキラしています。 「ョン様が好き!」「ョン様にできるだけ近づきたい!」と思う強い気持ちと、そこから出る行動力は、まさに恋愛。世間の多くの印象とは違い、ョン様ファミリーのオバサマ方の脳の中は恋愛の真っ最中だったのです。そして、じつはこれ、「擬似恋愛」といってもいいのです。人間は、想像や創造などをつかさどる前頭葉が非常に発達したため、実際に恋愛対象が目の前にいなくても、バーチャルに想像力をふくらませ、恋愛できる動物です。だから、ョン様や小説やマンガ、映画の主人公に心を奪われたり、テレビの中のタレントに熱狂できるのです。そして、追っかけをしている人の脳の中は、実際に片思いしている人の脳の状態とまったく一緒。 つまり、ドキドキ感をもたらし、積極的な行動に向かわせる神経伝達物質のドーバミンが脳内でたくさん分泌され、幸せな気分に浸っているのです。熱烈な片思い中のとき、何も手につかないことがありますよね。それはじつは、このドーパミンが、いま行っている脳の活動(誰かを好きでいること)を、ずっとこの状態のままでいさせようとしているからなのです。

参考:

女性は直感で判断

脳による男女の違いはまだまだあります。それは、女性は直感で判断しがちなのに対して、男性は分析的に判断しがちなこと、また、女性は複数の物事を同時進行させることができるけれど、男性はひとつひとつやり遂げてからでないと次に進めない。会話においては、女性はいきなり飛び、まったく違う話をはじめることがありますが、男性は理詰め。メールやメモを書くとき、女性はカラフルで絵や絵文字を多用、男性はシンプルでモノクロ、しかし、文章の一文が長い、などです。彼や気になる人、憧れの人が、あなたと違う行動や言動をとったとしても、こういう男女の差を知っていれば、喧嘩にならずにすむでしょう。ところで、2004年、韓国ドラマ「冬のソナタ」の地上波放送をきっかけに、オバサマ方を中心に「ヨン様ブーム」が巻き起こりました。ヨン様ことぺ・ョンジュンさんが来日すると聞けば、成田空港までお出迎え、「ョン様と直接話すのが夢!」と、韓国語を習いはじめる人も。東京・大久保のコリアン・タウンには日本全国からョン様ファミリー(ファン)が集い、グッズを買い求め、情報交換。その行動力にも驚かされました。 韓国の俳優で、言葉すら通じないョン様。しかも、現実に直接話すことすらもほぼ不可能なョン様。現実の恋愛にはほぼ100%発展しない恋。世間は「現実に生きている人間と恋ができないのね」とか「旦那さんに愛されていないんだわ」と、その熱狂ぶりをちょっと冷めた目線で見ていました。

出典:

女性をリードしやすい

そこの部分には子宮や卵巣がありますよね。オトコは子宮に自分の子種を残すことに執着します。それと、かつて自分も子宮にいたという記憶として憧れをもっているのです。このようにオトコとオンナではちょっとズレがあります。あなたが思うことと、憧れの彼が思うことが逆だったりすると、実るであっただろう恋も実らなくなってしまいますよ ね。その前に男性脳と女性脳の違いを認識しておくことが必要です。男性か女性かは受胎後、生殖器の形成により分かれます。続いて脳が男女に分かれます。脳の性分化は、脳が精巣から分泌される男性ホルモンに曝されるか否かによって分かれるといいます。つまり、男性ホルモンに曝された脳は男性に、曝されなかった脳は女性になるのです。では、具体的にどう違うのでしょう7男性脳と女性脳の違いの最も大きなところは、左脳と右脳をつないでいる脳梁の大きさです。脳梁は女性脳のほうが大きく発達しています。脳梁が大きいと言語中枢間の連絡がスムーズに行えるので、言語能力においては女性のほうが勝っているといえます。さらに、表情を読む能力に長けているのも女性のほう。彼氏や夫などのちょっとした気持ちの変化に気づきやすいのです。一方、男性は地図を読むことが得意など、空間能力が優れているので、デートで外出したとき、道に迷うことなく、女性をリードしやすいという特徴があります。また、脳の左右差(部位別の大きさ)など、男性のほうが大きい傾向があり、そのため、得意不得意がはっきりしてたり、趣味や嗜好が偏ったアンバランスな人が多いようです。

出典元: