恋愛しづらくなる

しかし、いまは子どものいない女性も多く、その本能的愛情がペットに向かっているのだと思います。そこで問題が生じます。女性がもつ本能的な愛情は、本来ならば自分の子どもや男性に向けられるもの。それがペットに向けられることで、脳が満足してしまうということが起きてしまうのです。当然男性には目がいかなくなります。また、さびしさや孤独感も感じなくなるので、ヒトの脳が求める「群れて生きたい」と いう欲求が満たされてしまうのです。つまり、「|緒に生きたい」という、男性を求める行動を起こさなくなるのです。脳は、周りの環境が自分にとってある程度ストレスフルな状態にならないと活発に働かない、という特徴をもった臓器です。周囲の環境が快適であればあるほど、脳は活動量を減らし、その結果、行動力の低下を生じさせるのです。だからペットという心のよりどころを手に入れてしまうと、あえて男性を求めなくとも、快適な環境にいると脳が判断してしまい、男性に対する感情が減退したり、異性を誘うなどの行動力が落ちてきて、恋愛しづらくなるのです。ただし、熱帯魚ぐらいなら問題ありませんが、飼い主からの呼びかけに積極的に反応するような犬や猫、サルなどは、その傾向が強まるので要注意。とくに、いま、気になる異性がいない人や周りの男性に興味がもてない人は、ペットを飼うことは控えておいたほうが無難でしょう。 必愛し合っている者同士、ただそばにいるだけで、言葉など交わさなくても、見つめ合っているだけで、幸せな気分で胸がいつぱいになる。

参考:恋活 アプリ おすすめ

Comments are closed.