恋愛できる動物

しかし、彼女たちの多くは長年連れ添った旦那さんもいて、子どももいる。話してみると、いたってふつう。ョン様の魅力を聞くと、「笑顔」「ファミリーを大切にする誠実なところがいい」と言います。その顔はまるで恋する乙女。幸せ物質・セロトニンが出まくり、ドーパミンのおかげで目がキラキラしています。 「ョン様が好き!」「ョン様にできるだけ近づきたい!」と思う強い気持ちと、そこから出る行動力は、まさに恋愛。世間の多くの印象とは違い、ョン様ファミリーのオバサマ方の脳の中は恋愛の真っ最中だったのです。そして、じつはこれ、「擬似恋愛」といってもいいのです。人間は、想像や創造などをつかさどる前頭葉が非常に発達したため、実際に恋愛対象が目の前にいなくても、バーチャルに想像力をふくらませ、恋愛できる動物です。だから、ョン様や小説やマンガ、映画の主人公に心を奪われたり、テレビの中のタレントに熱狂できるのです。そして、追っかけをしている人の脳の中は、実際に片思いしている人の脳の状態とまったく一緒。 つまり、ドキドキ感をもたらし、積極的な行動に向かわせる神経伝達物質のドーバミンが脳内でたくさん分泌され、幸せな気分に浸っているのです。熱烈な片思い中のとき、何も手につかないことがありますよね。それはじつは、このドーパミンが、いま行っている脳の活動(誰かを好きでいること)を、ずっとこの状態のままでいさせようとしているからなのです。

参考:

Comments are closed.